Japanese paper

Japanese paper

和紙は、西暦610年、朝鮮の僧がその製法をもたらしたとされています。
(それ以前にも、福井県越前では、漉かれていた、などの諸説あり)
和紙の歴史は、ただ長いだけでなく、その時々に合わせて進化を重ねてきました。
崇仏派と廃仏派の争いで聖徳太子が勝利し、仏教を世に広めよう、そんなときに紙漉きの技術が伝来しました。
聖徳太子は、仏教を広めるために写経用に和紙を使いました。偶然ですが、弊社は四天王寺のおひざ元で商いをしています。
和紙の流通の原点で、紙卸に携われることに運命的なものを感じています。
また、その後は国家が戸籍を管理するためにも活用しました。このころには、紙屋院という、国家の紙漉き所も作られていました。
平安時代には、紫式部などの女流作家の要望を満たすために、薄くて強い和紙を作る技術も発達、日本独自の技術である「流し漉き」が生み出されたのもこのころです。
和紙は、このとき、決定的に世界の紙づくりと違う、しなやかで強靭な紙へと飛躍を遂げました。

株式会社MCS堀江です!
先日、お客様のご依頼にて県西部にある『アワガミファクトリー』こと、阿波和紙伝統産業会館へ行ってきました🚗

作業スペースを覗けたり、体験スペースや展示場などがあり思わずミュージアムショップにも立ち寄ってしいまいました(笑)
普段から地場のものを使って、何かを作ることが多いのですが、和紙で何か出来ないかな~なんて考えながら帰るそんな1日でした☺

———————————————————————————
「建築を身近なものに。」
私たちのものづくりから お客様のものがたりへ
株式会社MCS K.Horie
▼Instagramも随時更新中▼
https://www.instagram.com/tokushima_mcs/
———————————————————————————

No Comments
Leave a Reply